kamonasubiのブログ

我が履歴書

ふくろうカフェ

f:id:kamonasubi:20160516100118j:plain

 

先日、友人達と歩いていると「ふくろうカフェ」を見つけたので入ってみた。

 

猫カフェならぬ、ふくろうカフェ

たくさんのふくろう達を鑑賞しながらコーヒーやケーキが楽しめるお店だ。

 

おとこ4人でぞろぞろと入る。

 

ふくろうの物珍しさに一同のテンションが絶頂に。

 

「かわいいねえ~」

「すごいなあ~」

 

店員のお姉さんが、あれやこれやとふくろうの生態を教えてれた後に

「ふれあいタイムがありますので、どうぞ」と進めてくれた。

 

実際にふくろうの頭をなでたり、肩や頭に乗せたりしてふれあえる時間だ。

 

「こちらが○○ふくろうのオサムちゃんです、こちらは~」

 

「かわいいなあ~よしよし」

「いいですねえ、こんな近くで見たの初めてだなあ」

 

『ごめんねえ、寝てるのに起こして』

 

「え?」

 

『ごめんねえ、みんなに見られてストレスたまるでしょう、ごめんね逃がしてやれんでねえ、ごめんねえ、蛍光灯の光がまぶしいねえ、ごめんねえ夜行性やのに今昼やもんねえ眠たいやろう、ごめんねえ』

 

「・・・・・・・・・・・・」